矯正歯科の役割は、歯並び整えて生活を良くすること

今は昔に比べて専門の矯正歯科医院が増えてきました。
成長を利用した治療法で、子供のうちから矯正を始める事が多いですが、大人になってからでも十分治療は可能です。
歯並びは見た目が気になるだけではなく、体にも影響が出ます。
歯並びが悪く顎の位置が適切でないと、無理な状態での噛み合わせになってしまい顎を痛める原因にもなります。
その結果、肩こりや頭痛などを引き起こしてしまう事もあるのです。

肩こりの女性全ての歯が永久歯になったら、矯正歯科では歯に直接ブラケットの装置をつけて、ワイヤーで歯を一本一本動かす治療が一般的です。
更には仕事上目立たない治療を望んでいる人には、マウスピース型の矯正装置や、歯の裏側にブラケットやワイヤーを入れて治療する裏側矯正なども一般的に普及されています。
マウスピース型の矯正は通常のワイヤー治療と違って、自分で取り外せることができます。
他にも透明なブラケットや、セラミックの物など装置自体の選択肢を設けている矯正歯科医院もあります。

歯並びにはその並び方によって、特徴的な色々な状態があります。
前歯が出ている状態を出っ歯、逆に下の歯が出ていて噛み合わせが逆になってしまっている状態を受け口と言います。
この判断は実は見た目ではなく、奥歯の噛み合わせで判断しています。

見た目で自分は正常だと思っていても、奥歯の噛み合わせの状態が正常の位置よりずれている場合は、出っ歯や受け口と診断されます。
奥歯の位置は正常でも、前歯が噛み合わずに開いてしまっている歯並びは、開咬と言います。
食事をする際に、きちんと奥歯が噛み合わさっていない為に、咀嚼がうまくできずに食べ物を飲み込んでしまっている人もいます。
また左右で噛み合わせが違うことで、噛みやすい方ばかりで噛んでしまう事で、顎への負担がかかってしまいます。
他にも、前歯が噛み合わさらないので食べるときに食べこぼしをしやすくなってしまうなど、日々の生活に支障が出てしまう事もあります。

噛み合わせは正常だが歯の位置がずれている場合にも、いくつかの状態があります。
一本一本の歯の間に隙間が大きいとすきっ歯、全体的に隙間が空いている歯列を空隙歯列と言い、生まれつき歯の本数が足りない場合や歯の大きさが小さい場合に起こります。
これとは逆に隙間が不足し歯列に並びきれず、でこぼこした状態を乱杭歯と言います。
これらの歯列も顎や噛み合わせに悪影響を引き起こす原因になるので、歯並びを整えることで改善されることもあります。
歯列矯正は見た目を良くする為だけではなく、日々の生活を良くする事にも一役買っているのです。