子供の歯列矯正はいつから実施したらいい?

子供の歯並びが気になるといつ頃から歯列矯正を始めれば良いのか悩むものです。

子供の歯列矯正は年齢や歯の生え方などで始める時期は個人差があります。
3~6歳は乳歯で受け口や下顎の位置などがずれている場合には、マウスピース矯正ができます。
マウスピース矯正は取り外しが可能ですが、この年齢は精神的に未熟な時期なのでストレスになったり、正しく器具が装着できずに矯正が失敗することも少なくないため、成長してから矯正することを検討しても良い時期です。
乳歯の歯列矯正は状況により決める必要があります。
その時期が望ましいのであればやることが良い選択ですが、基本的には医師に相談して決めます。

小学校の低学年は乳歯が残っている子供もいますが、前歯が全て生え変わって6歳臼歯が出ます。
この時期にほぼ歯並びは決まるため歯列矯正を始めるのは良い時期です。
乳歯の残っている子供が多く、乳歯と永久歯が混ざっている場合は床矯正を行うことが多いです。
床矯正は口の裏側につけるプラスチック製の床の部分と、表の歯を抑える金属線で作られた入れ歯のような装置です。
床矯正で矯正ができれば本格的な矯正はする必要はありません。

小学校の高学年になると永久歯に生え変わる時期で、この時期には金属ブラケットなどワイヤーの本格的な歯列矯正が可能になります。
永久歯が生え揃う10~12歳は、顎を広げたり噛み合わせのバランスなどを整えるのに良い時期です。
歯の状況によって矯正時期は異なるので歯科医に相談します。

中学生になると永久歯が生え揃います。
乳歯に比べて永久歯は歯根がしっかりしているので矯正も時間がかかります。
歯の状態が重なりがあったり出っ歯になっている場合には矯正をする前に抜歯する場合もあります。
この時期は見た目も気になる時期なので、金属ブラケットのワイヤーなどの矯正器具をつけると取り外しはできず、装着していることに抵抗を感じることがあるなどコンプレックスになることは少なくありません。

子供の歯列矯正をいつから始めると良いか悩んでしまいますが、乳歯が抜けている状態の8歳から永久歯が完全に生え揃う12歳までの間に歯列矯正をすることが良い時期と考えられます。
この時期であれば矯正の痛みはそれほど感じず、歯の状況では目立たない矯正器具を使うことができたり、顎の調整にも適した時期です。
またこの時期に歯列矯正を始める子供も多くなるので自分だけ矯正しているという悩みは少なくなります。
8歳になる前に歯並びのチェックを歯医者でしてもらって、歯の状況を医師と相談して歯列矯正を始める時期を検討することが良い選択と言えます。