ホワイトニングで歯が白くなる仕組みは?安全?歯医者最前線

白い歯を見せる女性ホワイトニングは、審美歯科で主に行われる治療法のことです。
これによって、歯が白くすることができます。
ただ、ホワイトニングを行うことでどうして歯が白くなるのかを考える人も少なからずいます。

ホワイトニングの治療では、まず専用の漂白剤を使います。
この漂白剤に含まれている成分のうち歯を白くする主成分は、オキシドールなどにも使われる過酸化水素または過酸化尿素となります。
過酸化水素の役割は、歯の表面に沈着した着色物質を細かく分解してくれます。
その結果、着色汚れの部分が薄く目立たなくなるという仕組みです。
過酸化尿素も、使ったときには過酸化水素に分解される性質があるため、漂白する主成分としては同じとなります。

もう一つ、ホワイトニングの治療で重要な役割を果たしているのが歯の表面を曇りガラス状にしてくれる作用です。
歯の表面の構造をみていくとエナメル質に覆われています。
その内部には黄色みがかった象牙質が存在します。
エナメル質は半透明であり象牙質が透けて見えると、黄色みがかって見えてしまいます。
ホワイトニング剤には、歯の表面のエナメル質を曇りガラス状にする効果がみられ、その結果として象牙質が透けにくくなって歯が白く見えるという仕組みとなります。

ただホワイトニングをした場合でも、生活習慣次第では再び着色汚れや再石灰化が生じるなど後戻りができてしまいますので油断は禁物といえるでしょう。

ホワイトニング剤は通販などでも入手することができます。
この場合の漂白剤は35%という表示がみられるのですが、これは主に過酸化尿素の濃度を示しており過酸化水素に換算すると10%程度の濃度となります。
それから過酸化尿素の濃度が10%であれば、過酸化水素に換算すると3%程度の濃度となっています。
消毒用に使用されるオキシドールは濃度が3%程度であり、過酸化水素の濃度が一般的に10%以下であればあまり問題はありません。

ホワイトニングを行う場合は、審美歯科を利用する方法以外でも歯の消しゴムなどを使用することでクリーニングして自分でケアすることが可能です。
ただセルフケアをする場合には限界があります。
自分では対処しにくい歯の病気による着色の場合及びタバコのヤニなどすでに定着した強い汚れなどを落とす場合などに関しては一般歯科の医師に診察してもらったほうが良いでしょう。
日頃から歯を白くする意識を持って生活することが、きれいな歯を保つ一番の方法といえます。