インビザラインなら周囲を気にせず歯列矯正

従来の歯列矯正のひとつの短所とされているのが見た目の問題です。
ワイヤーを装着するために審美性の面がネックに感じられやすく、それが歯列矯正を敬遠させる大きな要因になっていました。
そんな中、誕生したのが目立たず矯正ができるインビザラインです。
透明のマウスピースを用いる矯正方法で従来のワイヤー治療を躊躇していた患者でも選択をしやすいです。

なお、似たような治療としてクリアアライナーと呼ばれるものもあります。
クリアアライナーに関しても同じように透明のマウスピースを用いるのですが、治療限界は前歯のみとなっており、部分矯正にしか用いることができません。
一方のインビザラインは治療限界がなく全体的な歯列矯正を行うことが可能です。

インビザラインはとにかく目立たない点に魅力があります。
ワイヤーを装着している場合は否応なしに目立ってしまい、矯正中なことが一目で分かってしまいます。
その点、インビザラインは薄型透明のマウスピースのため、口元が覗いた時にも矯正をしていることがバレにくいです。
それでももし気になる場合は取り外しができるため安心です。
例えば写真を撮る時やデートの時など、一時的に外しておくことが可能であり、尚且つ自分で脱着ができるためにわざわざ歯科に相談へ行く必要もありません。

取り外しができるのは食事の際の利便性にも繋がります。
従来の矯正の場合は食事時にも支障になりやすく不便さを感じられることも少なくありませんでした。
しかしインビザラインなら食事中は外しておけるため矯正による不便がありません。
これもインビザラインならではの魅力で生活習慣の面でもアドバンテージを感じられるはずです。

使用するマウスピースを衛生的に使えるために不快感が生まれにくい良さもあります。
自宅で洗うことができますので、汚れや臭いが気になった時のメンテナンスも簡単です。
また、常に清潔さを保つことができますから、矯正が原因の口臭が発生しにくいのも魅力と言えるでしょう。
マウスピースは2週間に一回のペースで新しい物に交換するため、そういった理由でも清潔感を後押しします。

インビザラインはこのような魅力を持つ画期的な歯列矯正の方法です。
矯正治療のハードルを大きく下げる選択肢であり、それまでワイヤー治療を敬遠していた人からも選ばれています。
肝心の治療効果も抜群で、スムーズに歯列を整え理想的な歯並びを実現してくれる手助けとなるでしょう。